【社会連携活動のご報告】無料サッカーパーク『Vita Soccer Park』へのケージ提供サポート

日本で減りゆく気軽にボール遊びが可能な環境。

公園や学校といった今までボールで遊べていた環境は年々少なくなる傾向にあります。

サッカーのみならずそういった身体を動かせる場所や機会の減少により、子供たちが外遊びに費やす時間は40年前と比較して30%以上も減少したとも言われています。


これらの変化は子供たちの体力や運動能力、免疫力の低下といった身体的な影響だけではなく、外遊びを通じて社会性や想像力を養う機会をも奪ってしまっています。


日本ストリートサッカー協会ではこれらの社会問題の解決のため、日々形を変えながら取り組みを続けています。

●無料のサッカーパーク『Vita Soccer Park』へのケージ提供サポート


千葉県八千代市にある八千代総合グラウンドで、子供たちに向けて毎月複数回グラウンドが無料開放されるサッカーパーク『Vita Soccer Park』にて、PANNAケージの貸し出しサポートをさせていただいております。 ・Vita Soccer Park 育成年代の指導経験豊富なコーチがサポートする無料サッカーパーク開校! https://sports-vita.com/vita-soccer-park.html 年中〜小学6年生の男女と幅広い層の子供たちが参加するサッカーパークにおいて、集まった子供の層の広さが故になかなかボールが触りづらい子などにもボールをより触る機会を創出する場としてPANNAケージを活用しています。


Vita Soccer Parkの運営会社である株式会社Sports Vitaでは5月8日(日)にSUZUTOKUスポーツパーク(千葉県八千代市)にてストリートサッカー体験だけでなく、リズムジャンプやチアダンスも合わせて楽しめるスポーツイベント「Vitaスポーツフェスティバル」を開催予定です。

この他にも日本ストリートサッカー協会では、社会連携活動の一環として、子供だけでなく大人も含めみんながより気軽にサッカーを楽しめる環境づくりに繋がる活動を日々取り組んでおります。


活動に賛同し、何か共にアクションを起こしてみたいという企業・団体の方は是非ともお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。