オフィシャルパートナー『一般社団法人日本パレット協会』のご紹介について

最終更新: 6月24日

ストリートサッカーケージ「PALLET PANNA CAGE」の製作支援などを行なって頂いております一般社団法人日本パレット協会のご紹介を致します。


一般社団法人日本パレット協会は、弊協会設立間もない頃から「PALLET PANNA CAGE」の製作支援だけでなく、様々なご相談をさせて頂いており、弊協会にとって欠かせない存在です。ストリートサッカーの普及を通して、物流に欠かせないパレットの認知拡大に寄与できるよう活動して参ります。

法人名

一般社団法人日本パレット協会


所在地

東京都江東区


代表者

会長 加納 尚美


ホームページ

https://www.jpa-pallet.or.jp/


事業内容

フォークリフトで荷物を移動させたり、倉庫で荷物を保管したりすることを物流といいます。その際に必要な用具が物流用パレットです。私共は、その物流用パレットの原材料、製造、レンタル、メンテナンス等、関連する様々な企業が所属する業界団体(協会)です。そして、物流用パレットの標準化による品質向上、効率的な利用方法の紹介や普及、社会一般における認知度向上が主な活動です。


代表者様よりメッセージ

日本ストリートサッカー協会と日本パレット協会の共通点は何でしょうか?

それは、ストリートサッカーが世界中でプレーされ、物流用パレットも世界中で利活用されている。にもかかわらず、どちらも日本社会における認知度がまだまだ低いという点です。ですから共にPRすることで、もっともっと認知度を上げることが重要な課題ですね。

まったく違う分野、だけど同じ課題を持っている2つの協会。その2つの協会が競技の用具であるケージ(パレットパナケージ)を通して接点ができました。お互い個々に属する分野での努力や関連分野との協力によって、自らを発展させることは当然のことです。一方で、全くの異分野から学び協力できる機会を得たならば、謙虚な姿勢で、その機会を活かすべきではないでしょうか。私共の協会が設立から50年以上経過していることを考えますと、私共にとって、今回のこの接点が認知度向上に関する何かを示唆していると思えてなりません。是非、お互いの認知度向上を目指し切磋琢磨してまいりましょう。


ストリートサッカーケージ「PALLET PANNA CAGE」についてはこちら

https://www.streetfootball.jp/street-football-products