コペンハーゲン世界大会 森川獅大選手ユース部門 優勝のご報告

​2018年8月18日に開催された「World Panna Championship 2018」のユース部門にて、日本代表の森川獅大選手が優勝し、世界チャンピオンになりました。

その他選手もプロ部門、ユース部門にて世界の強豪が集まる中、好成績を残しました。

■森川 獅大(もりかわ しおう)

◯生年月日:2004年11月12日

◯身長/体重:147cm/36kg

◯出身:神奈川県

◯対戦成績:

 5-4 準々決勝  

 6-0 準決勝  

 3-1 決勝

■日本人選手の全成績

◯プロ部門:  

 小黒 拓人(18) BEST8  

 本岡 卓(27) BEST16  

 永井 佑京(19) TOP32  

 浜崎 拓輝(27) TOP32  

 新里 尚史(31) 予選敗退  

 八島 亜美(28) 予選敗退

◯ユース部門:

 森川 獅大(14) 優勝  

 梨本 飛空(14) BEST4  

 藤本 悠人(9) 予選敗退

■youtube

※森川獅大選手の表彰は2:42:00~

■大会の詳細

https://www.streetfootball.jp/cph-invitationals2018